大学の公務員講座受けるべきか:費用、始める時期、予備校との比較、評判、高額な理由を徹底解説!

  大学 で提供されている 公務員講座 。 費用 や 始める時期 、 予備校との比較 、 評判 、 高額な理由 など、 受けるべきか 受講を検討する上で知っておきたい情報 はたくさんありますよね。 このブログ記事では、 大学公務員講座 について 徹底解説 します。 見出し1:大学 公務員講座 費用 大学公務員講座 の 費用 は、 大学 や 講座 によって異なりますが、 一般的には 3万円~5万円程度 (短期間の講座) 10万円~20万円程度 (長期間の講座) となっています。 教材費 や 模試費 などが 別途必要 となる場合もあります。 見出し2:大学 公務員講座 いつから 大学公務員講座 を いつから始めるべきか は、 個人の状況 によって異なります。 一般的には、 3年生の秋~4年生の春 : 国家一般職・地方上級職 を目指す 4年生の夏 : 国家一般職・地方中級職 を目指す と言われています。 ただし、 基礎学力が不安な方 は、 早め から始めることをおすすめします。 すでに独学で勉強を進めている方 は、 必要な時期 に講座を受講すれば良いでしょう。 見出し3:大学の公務員講座と予備校 大学の公務員講座 と 予備校 の 主な違い は以下の通りです。 項目 大学公務員講座 予備校 費用 比較的安価 高額 講師 大学教員 専門講師 カリキュラム 大学受験と兼ねられる 公務員試験に特化 サポート 個別指導は少ない 個別指導が充実 大学公務員講座 は、 費用 が 比較的安価 で、 大学生活 と 両立しやすい という メリット があります。 一方、 講師の質 が 予備校 に比べて 低い 場合がある 個別指導 などの サポート が 充実していない 場合がある というデメリット もあります。 予備校 は、 講師 や カリキュラム 、 サポート体制 などが 充実 しているという メリット があります。 ただし、 費用 が 高額 になる 大学生活 との 両立 が 難しい というデメリット もあります。 見出し4:大学 公務員講座 評判 知恵袋 大学公務員講座 の 評判 は、 大学 や 講座 によって異なります。 良い評判 としては、 以下のようなものが挙げられます。 費用が安価 大学生活 と 両立しやすい 大学教員の講義 を受けられる 一方、 講師の質 が 低い 個別指導 などの

介護職員初任者研修、働きながら取得できるの?

 


介護業界で働きながら介護職員初任者研修を取得したいと思っている方、多いのではないでしょうか?

介護職員初任者研修は、介護施設で働くために必要な国家資格です。しかし、仕事と研修を両立するのはなかなか大変ですよね。

そこで今回は、介護職員初任者研修を働きながら取得する方法について詳しく解説します。

介護職員初任者研修 働きながら 夜間

多くの介護職員初任者研修は、夜間開催されています。そのため、日中は仕事をして、夜間に研修を受けることが可能です。

夜間開催の研修は、18時頃~21時頃に実施されることが多いようです。中には、22時頃まで開催している研修もあります。

介護職員初任者研修 働きながら 無料

介護職員初任者研修は、厚生労働省指定の教育機関で受講すれば、無料で受講することができます。

ただし、受講料が無料であっても、教材費や交通費などは自己負担となります。

介護職員初任者研修 働きながら 土日

介護職員初任者研修は、土日開催されている場合もあります。土日開催の研修は、1日6時間程度の授業が2日間行われることが多いようです。

土日開催の研修は、平日仕事をしている方でも比較的参加しやすいというメリットがあります。

介護職員初任者研修 働きながら取得

介護職員初任者研修は、通信講座で受講することも可能です。通信講座であれば、自分のペースで学習することができます。

通信講座は、夜間や土日など、自分の都合に合わせて学習できるというメリットがあります。

介護初任者研修 働ける場所

介護職員初任者研修を取得すれば、介護老人保健施設介護医療院訪問介護など、様々な介護施設で働くことができます。

介護職員は、人手不足が深刻な業界です。そのため、介護職員初任者研修を取得すれば、就職先を見つけるのは比較的容易です。

まとめ

介護職員初任者研修は、働きながら取得することができます。夜間開催、土日開催、通信講座など、様々な方法で研修を受けることができますので、自分に合った方法を選びましょう。

介護業界で働きたいと思っている方は、ぜひ介護職員初任者研修を取得してみてはいかがでしょうか?

介護職員初任者研修を受講する前に

介護職員初任者研修を受講する前に、以下の点を確認しておきましょう。

  • 受講料: 厚生労働省指定の教育機関であれば無料ですが、教材費や交通費などは自己負担となります。
  • 授業時間: 授業時間は、研修機関によって異なります。
  • 試験: 研修修了後には、試験が行われます。合格しないと、介護職員初任者資格は取得できません。
  • 就職活動: 介護職員初任者資格を取得すれば、様々な介護施設で働くことができます。

介護職員初任者研修に関する情報は、厚生労働省のホームページなどで確認することができます。

https://www.mhlw.go.jp/index.html

介護職員として活躍したいあなたを応援しています!

このブログの人気の投稿

空き家問題の救世主!空き家買取りのすべてを徹底解説

吹き出しデザイン:種類、作り方、おしゃれなデザインのコツ

15インチってどれくらい?ノートパソコン、テレビ、タイヤまで徹底解説!