大学の公務員講座受けるべきか:費用、始める時期、予備校との比較、評判、高額な理由を徹底解説!

  大学 で提供されている 公務員講座 。 費用 や 始める時期 、 予備校との比較 、 評判 、 高額な理由 など、 受けるべきか 受講を検討する上で知っておきたい情報 はたくさんありますよね。 このブログ記事では、 大学公務員講座 について 徹底解説 します。 見出し1:大学 公務員講座 費用 大学公務員講座 の 費用 は、 大学 や 講座 によって異なりますが、 一般的には 3万円~5万円程度 (短期間の講座) 10万円~20万円程度 (長期間の講座) となっています。 教材費 や 模試費 などが 別途必要 となる場合もあります。 見出し2:大学 公務員講座 いつから 大学公務員講座 を いつから始めるべきか は、 個人の状況 によって異なります。 一般的には、 3年生の秋~4年生の春 : 国家一般職・地方上級職 を目指す 4年生の夏 : 国家一般職・地方中級職 を目指す と言われています。 ただし、 基礎学力が不安な方 は、 早め から始めることをおすすめします。 すでに独学で勉強を進めている方 は、 必要な時期 に講座を受講すれば良いでしょう。 見出し3:大学の公務員講座と予備校 大学の公務員講座 と 予備校 の 主な違い は以下の通りです。 項目 大学公務員講座 予備校 費用 比較的安価 高額 講師 大学教員 専門講師 カリキュラム 大学受験と兼ねられる 公務員試験に特化 サポート 個別指導は少ない 個別指導が充実 大学公務員講座 は、 費用 が 比較的安価 で、 大学生活 と 両立しやすい という メリット があります。 一方、 講師の質 が 予備校 に比べて 低い 場合がある 個別指導 などの サポート が 充実していない 場合がある というデメリット もあります。 予備校 は、 講師 や カリキュラム 、 サポート体制 などが 充実 しているという メリット があります。 ただし、 費用 が 高額 になる 大学生活 との 両立 が 難しい というデメリット もあります。 見出し4:大学 公務員講座 評判 知恵袋 大学公務員講座 の 評判 は、 大学 や 講座 によって異なります。 良い評判 としては、 以下のようなものが挙げられます。 費用が安価 大学生活 と 両立しやすい 大学教員の講義 を受けられる 一方、 講師の質 が 低い 個別指導 などの

デジタル手続き法:行政手続きをオンライン化で便利に! 知っておくべきポイントと最新情報

 


デジタル手続き法は、行政手続きをオンライン化することで、国民の利便性を向上させることを目的とした法律です。2019年に施行され、段階的に手続きがオンライン化されています。

このブログ記事では、デジタル手続き法の概要、最新情報、そして行政手続きオンライン化法との違いについて詳しく解説します。

1. デジタル手続き法 概要

デジタル手続き法は、正式名称を「情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律」といいます。

この法律では、以下の3つの原則を柱として、行政手続きのオンライン化を推進しています。

  • デジタルファースト原則: 行政手続きを原則としてオンラインで行うようにする。
  • ワンスオンリー原則: 申請者が一度提出した情報は、行政機関が別途取得しないようにする。
  • コネクテッド・ワンストップ原則: 複数の行政手続をワンストップで利用できるようにする。

2. デジタル手続法10号

デジタル手続き法は、附則第10号で施行時期が定められています。この附則第10号に基づき、段階的に手続きがオンライン化されています。

2024年5月13日現在、以下の手続きがオンライン化されています。

  • 住民異動届
  • 転居届
  • 住所変更届
  • 国民健康保険被保険者資格喪失届
  • 国民健康保険被保険者資格取得届
  • 児童手当受給廃止届
  • 児童手当受給開始届
  • 介護保険被保険者資格喪失届
  • 介護保険被保険者資格取得届
  • 軽自動車税申告

今後、さらに多くの手続きがオンライン化される予定です。

3. デジタル手続法施行規則

デジタル手続き法の施行に伴い、デジタル手続法施行規則が制定されています。この規則では、デジタル手続き法の施行に関する詳細事項が定められています。

デジタル手続法施行規則では、以下の事項が定められています。

  • オンライン申請の受付方法
  • オンライン申請における本人確認の方法
  • オンライン申請における手数料の納付方法
  • オンライン申請における審査・決定の方法
  • オンライン申請における通知の方法

4. デジタル手続法 第10号施行日

デジタル手続き法第10号は、2024年5月14日に施行。この施行により、以下の手続きがオンライン化されます。

  • 法人設立登記
  • 商標登録
  • 特許登録
  • 意匠登録

5. デジタル手続法の一部の施行期日を定める政令

デジタル手続法の一部の施行期日を定める政令**では、デジタル手続き法の一部の手続きの施行時期が定められています。

現在、以下の手続きの施行時期が定められています。

  • 2025年4月1日: 不動産登記
  • 2026年4月1日: 農林水産大臣の許可等に係る手続
  • 2027年4月1日: 国土交通大臣の許可等に係る手続

6. デジタル手続き法 総務省

デジタル手続き法は、総務省が所管する法律です。総務省は、デジタル手続き法の施行に向けた取り組みを進めています。

総務省は、以下の取り組みを行っています。

  • オンライン申請システムの開発
  • 行政機関におけるデジタル人材の育成
  • 国民へのデジタル手続き法の周知啓発

7. デジタル手続法 議会

デジタル手続き法は、国会で審議され、可決されました。

デジタル手続き法の審議では、以下の点が議論されました。

  • オンライン手続きの利便性とセキュリティの確保
  • デジタルデバイドの解消
  • 行政機関におけるデジタル化の推進

8. デジタル手続法 行政手続オンライン化法

デジタル手続法は、行政手続オンライン化法とは別の法律です。

行政手続オンライン化法は、行政手続のオンライン化を推進するための基本的な枠組みを定めた法律です。一方、デジタル手続き法は、行政手続オンライン化法に基づき、具体的な手続きのオンライン化を推進するための

このブログの人気の投稿

空き家問題の救世主!空き家買取りのすべてを徹底解説

吹き出しデザイン:種類、作り方、おしゃれなデザインのコツ

15インチってどれくらい?ノートパソコン、テレビ、タイヤまで徹底解説!